オホーツク地域の発展に向け、幅広い分野で社会に貢献しています。

新卒・中途 採用情報

会長挨拶

管野 伸一

株式会社管野組
会長
管野 伸一

祖父の代に築かれた管野組。

我々、管野組の起こりは祖父の代にまで遡ります。宮城県仙台市に生まれた祖父 管野源七は、大正3年(1914年)にここ丸瀬布へ移住し、原生林を開拓し農業をはじめ、畑を開耕するために切り倒した木々を、近くに流れる湧別川を利用し、港まで運送するなどの事業にも着手しました。さらに、紋別市で金鉱の採掘を始めた住友金属鉱山株式会社に、東北から招き入れた人々を鉱夫として派遣する取りまとめ役を担っており、その組織が「管野組」と呼ばれていたことが社名の由来です。住友金属鉱山株式会社が発展するにつれ、職員用の社宅や、輸送に必要な橋を建設するなどの事業が必要となり、それに合わせて管野組は建設業としての一歩を踏み出しました。その後も、地域に根ざした企業としてみなさまに支えられ、今日まで発展してまいりました。

地域の雇用確保と、国際規格取得による社内業務効率化。

地域貢献に対する想いは祖父の時代から受け継いできた管野組を形成する理念です。弊社は遠軽町をはじめとする近隣地域の企業のM&Aを行っておりますが、それは単に事業拡大を目指すものではなく、地域の雇用を守ることも目的の一つです。人が働く場所を確保していかなければ、地域から人は流失し、町の活性化などは成り得ません。M&Aにより地域の雇用を継続させていくと共に、アグリ事業部にて農産物栽培・研究事業を押し進めているのも、退職者や地域住民に新たな雇用の場を創出し、地域産業の躍進と活性化の起爆剤にしたいという想いが根底にあるからです。弊社は今後とも、地域の発展を念頭に、雇用確保を推進する企業活動に努めてまいります。
 また、経営感覚に優れた企業を作っていくことで事業は存続し、地域の人の働く場所を守り抜くことが可能だと考えています。建設業界ではいち早く、「ISO9001」「ISO14001」「OHSAS18001」といった国際規格の認証を取得したのも、労働環境の改善や業務の効率化を促進し、従業員・お客さまの満足度を高めることが企業発展の重要な因子になると位置づけているからです。さらに、このシステムの意味・必要性を従業員の一人ひとりがしっかりと理解し、実践できるようにしていくことで、労務管理、品質管理、会計管理といった企業活動の土台強化につながり、「良き職場、良き仕事、良き会社」の実現につながっていくと考えています。

管野 伸一

株式会社管野組
会長
管野 伸一

プロフィールProfile

遠軽町(旧 丸瀬布町)出身。日本大学商学部卒業後、6年間、東京の会計事務所に勤める。その後、管野組に入社。昭和62年に社長就任。丸瀬布をはじめ網走管内の商工会、観光協会の理事等も務める。平成28年より現職。旅行の他、読書が趣味。推理小説、哲学、詩などジャンルを問わず、見聞を広めることに留意している。ISOの導入を決めたきっかけも、経営学者・ドラッカーの経営哲学を反映してのものである。

主な経歴
昭和52年
 6月 7日
株式会社 管野組 入社
昭和62年
 4月18日
同社 代表取締役社長 就任
平成 5年
 5月24日
丸瀬布観光協会 会長 就任(平成21年4月まで)
平成 6年
 6月 1日
建設業労働災害防止協会北見分会 理事 就任(平成16年6月まで)
平成 8年
 4月 1日
丸瀬布建設業協会 会長 就任(平成16年6月まで)
平成13年
 6月11日
遠軽地区建設業協会 会長 就任(平成18年6月まで)
平成14年
 6月11日
網走支庁管内観光連盟 理事 就任(平成18年6月まで)
平成14年
 7月10日
遠軽信用金庫 非常勤理事 就任
平成16年
 1月30日
網走建設業協会  会長 就任(平成24年5月まで)
平成16年
 5月19日
北海道建設業協会 理事 就任(平成24年5月まで)
平成18年
 5月17日
えんがる商工会  理事 就任(平成21年5月まで)
平成18年
 6月 9日
(社)遠紋地域人材開発センター運営協会 会長 就任
平成18年
 6月 9日
(社)遠軽地方職業訓練協会 会長 就任
平成19年
 6月 7日
えんがる観光協会 会長 就任(平成21年5月まで)
平成21年
 5月14日
えんがる商工会  会長 就任
平成22年
 5月31日
北海道建設業協会 建設業情報化推進委員会 委員長 就任(平成24年5月まで)
平成24年
 8月31日
北海道遠軽高等学校 同窓会 会長 就任
平成28年
 8月19日
株式会社 管野組 会長 就任

社長挨拶

石井 英治

株式会社管野組
代表取締役社長
石井 英治

「人が第一」の理念をつなぐ。

管野組は昭和6年(1931年)創業。80年を超える歴史があり、私で4代目になります。
「人が第一。戦略は二の次と考えること」という先代の言葉が象徴するように、管野組は創業以来、人を大事にしてきた会社です。人望がなければ、会社は続けられません。この理念を引き継ぎ、社員が働きやすい環境を整えるとともに、会社を未来へつないでいくこと。それが自分の使命だと考えています。
また、地域貢献も管野組が大切にしていることのひとつです。丸瀬布で創業し、この町とともに育ってきた会社として、地域へ恩返しをしていきたい。冬の除雪や災害対応等、地域のインフラの維持はその一例です。降雪の際に自動車が通れなくならないように、災害の影響で子供たちが学校へ通えなくならないように、早朝や深夜にも復旧作業を行っています。

時代の変化に対応し、町とともに発展を。

建設業は長らく公共事業に頼ってきました。しかし今は、民間会社からも積極的に受注していく時代を迎えています。そのような状況の中で重要なのは顧客満足度です。日進月歩の建設・土木の技術を絶えず研究し、企業の価値を高め、お客様の満足につなげること。そのような努力の積み重ねが経営の安定につながると私は考えています。建設業界でいち早く労働安全衛生や環境マネジメントの国際規格を取得したことはその一環です。
近年は、後継者のいない会社の受け皿になることも、管野組にとって重要なテーマです。後継者不足という問題に悩まされているのは、丸瀬布も例外ではありません。事業承継が困難な地元企業については、雇用を守るため、そして地域に必要な仕事をなくさないためにも、可能であれば管野組が引き継いでいきたいと思っています。
地域の方々とともに、町をより魅力的にしたい。それが管野組の願いです。

石井 英治

株式会社管野組
代表取締役社長
石井 英治

プロフィールProfile

昭和53年(1978年)3月、日本大学工学部土木工学科卒業。同年4月、管野組入社。土木部に配属される。平成7年(1995年)4月の取締役就任、平成16年(2004年)8月の常務取締役就任を経て、平成28年(2016年)8月、現職となる代表取締役社長に就任。

主な経歴
昭和53年
 3月 31日
日本大学 工学部 土木工学科 卒業
昭和53年
 4月 1日
株式会社 管野組 土木部 入社
平成 7年
 4月 26日
株式会社 管野組 取締役 就任
平成 16年
 8月 1日
株式会社 管野組 常務取締役 就任
平成 28年
 8月 19日
株式会社 管野組 代表取締役社長 就任